• ??????

サイコマン キン肉 マン

細部
作成した 09.12.2020
著者: Koshiro
ビュー: 678

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

サイコマンが現在の過激な方向性へと突き進んでしまったのは、他の始祖達から自分の研究成果を全否定されてしまった過去や、 自身に賛同した師、ザ・マンの存在があったことは確実であろう。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

シルバーマンの必死の対話や説得も意に介さず、 マグネット・パワーを取り入れたことで完成度が高まった と豪語する自身の奥義 「輪廻転生落とし(グリム・リーインカーネーション)」 で勝負を決めようとするも、 自身が発見したマグネット・パワーに依存しすぎたが故に、磁気嵐による視界不良の中、奥義の着弾点を、 ブロッケンjr.

当初は4階 リング において スプリングマン と戦っていたが ジャック ・ チー の 水 流による掘削で ピラミッド が崩壊、 バッファローマン VS ターボメンの試合が行われていた リング と合流し、両者合意の上で タッグ マッチ に変更される。ターボメンとの タッグ チーム 名は ジョン ・ドウズ( 名無し )。.

サイコマンとバッファローマンは過去の因縁から互いに再戦を望む発言をしていたが、 ザ・ニンジャの意思を託された ブロッケンJr. 超人閻魔も忠臣に対して最大級の賛辞を送り、消えゆく彼を見送り、その賛辞に対しサイコマンは「ザ・マン」に、 自らを始祖に選んでくれた事への感謝の言葉を述べ、トレードマークだった帽子を残して静かに消えていった。. 思想から性格まで何から何まで合いそうにない二人の関係は、太古の頃から サイコマンが煽ってはガンマンや" 捌式 エイス " シングマン がキレる といった具合であり、それを仲裁していたのがシルバーマンだった。 基本的に自分が「有能」であると憚らず、ガンマンやゴールドマンら他の始祖相手でも見下した態度を取っている。 そのためか、ガンマンやシングマンほどではないにせよ、基本的に他の始祖達からは敬遠される存在であるようだ。 同志の一人である" 陸式 シックス " ジャスティスマン も、始祖の足並みを乱さないよう彼に忠告した他、ガンマンを名前で呼んでいる一方で、彼のことはガンマン同様に「 拾式 テンス 」としか呼ばない 始祖の中で本名で呼んでくれるのは超人閻魔とシルバーマンのみで、他は全員「拾式」と呼んでいたようだ 。 しかし、そんなサイコマンもシルバーマンのことは 「他の好戦的な始祖とは違う」 と評しており、唯一の理解者・友人として見ていた。.

高いエリート意識を備えると同時に善悪や感情を超越した精神と完璧なる強さと思想を身に付けた、超人の中で最も神に近い存在であると自負している [1] (超人の神からも近い域にいると認知されていた [2] )。『キン肉マン』夢の超人タッグ編において正義超人、 残虐超人 、 悪魔超人 に続く第四勢力として初登場した。.

かつてはマグネットパワーによらない技だったらしく、マグネットパワーによって技のレベルが上がったというサイコマンに対し 喰らっている最中のシルバーマンはマグネットパワー前提になったこの技を 「言ったはずだ、そんな邪道に頼るなと」 と否定。 回想で描かれている姿を見ると、かつての技は手首を脚の外側から掴んで広げ、 シルバーマンの後頭部に座るような形でシルバーマンの顔面をリングに着ける形となっている。.

80 00 KO. MAX. cm kg. : ISBN!

サイコマン Aタイプ

シルバーマンの必死の対話や説得も意に介さず、 マグネット・パワーを取り入れたことで完成度が高まった と豪語する自身の奥義 「輪廻転生落とし(グリム・リーインカーネーション)」 で勝負を決めようとするも、 自身が発見したマグネット・パワーに依存しすぎたが故に、磁気嵐による視界不良の中、奥義の着弾点を、 ブロッケンjr. 常に飄々としていたグリムリパー時代では見せなかった表情で、本音が漏れているかのような台詞を吐くなど違った一面も見られており、 「マグネット・パワーを発見した研究者」としての側面を持つ理知的なインテリキャラという性質や、歪んでしまったザ・マンの一番近くで常に接しながらも裏切るような素振りも見せず、「弟子」として最後まで付き従う義理堅さも持ち合わせている。 彼が過激で歪んだ方向性に走ってしまったのは、皮肉にも 誰よりも誠実で情に厚い精神を持っていたから と言えるかもしれない。.

以上のように、超人としての一つの理想を持った集団であったが、ネプチューン・キングの地球支配の野心や完璧とは名ばかりの心の卑しい者が多数出現し始めるようになる [7] 。宇宙超人タッグ・トーナメントにおける首領格のネプチューン・キングと ネプチューンマン の敗北により完璧超人は没落していき、『キン肉マンII世』では「下等超人」と呼び蔑んでいた悪魔超人や残虐超人たちと共に悪行超人組織d. SCRAP三太夫 キン肉マンレディー ディープオブマッスル THE超人様 週刊少年ジャンプ 英雄列伝 アルティメットスターズ オレコレクション! 完璧無量大数軍 の第二 陣 の一人として現れ、 鳥取砂丘 の階段 ピラミッド の戦いから参戦。.

vs !

最近チェックした商品

一方で自分が下等超人と見下す現代の超人たちが持つ「友情」「友達」という概念を 「愚劣な下等超人の馴れ合いのような表現」「心の病」 と吐き捨ててあからさまな嫌悪と侮蔑を見せる。 シルバーマンに対する ホモホモしい 執着は天才と豪語する自身が 師以外で唯一認めた自分以上に優れており目標とすべき人物 としての敬意と憧れの顕れであり、. 本来「 完璧超人始祖 」は地上に出られない身だが、 超人閻魔 の信頼厚いサイコマンは特命で地上に出る事を許されている。しかし、体裁などもあり堂々と始祖を名乗って出る訳にはいかないため、表向きは 無量大数軍 所属の 超 人「 完 幻」グリムリパーとして行動している。この 事実 は 超人閻魔 と始祖にしか知られておらず、ネメシスを含めた 無量大数軍 の面々には教えられていない。作中では 無量大数軍 そのものがサイコマンの活動のための 隠れ蓑 とさえ囁かれている。.

かつてはマグネットパワーによらない技だったらしく、マグネットパワーによって技のレベルが上がったというサイコマンに対し 喰らっている最中のシルバーマンはマグネットパワー前提になったこの技を 「言ったはずだ、そんな邪道に頼るなと」 と否定。 回想で描かれている姿を見ると、かつての技は手首を脚の外側から掴んで広げ、 シルバーマンの後頭部に座るような形でシルバーマンの顔面をリングに着ける形となっている。.

III. Italiano .

シルバーマンの親友「サイコマン」がフィギュアとなって初見参!

タグ一覧 登録が多い順. 試合では多彩な技に加えて、その握力でバッファローマンを軽々といなしつつ彼の皮膚を全て毟り取り、七人の悪魔超人時代に見せた傷だらけの古い皮膚を晒す。 更にバッファローマンの闘争本能を限界まで引き出すために挑発を続け、仲間を侮辱されたバッファローマンは遂に覚醒。 旧作でのボス時代に見せた強大な力を呼び起こしたバッファローマン相手に、血みどろの脳筋ファイトを展開。 自身もボコボコにされるもののサンダーサーベルでバッファローマンを拘束。 査定を行うべく超人パワーの通り道と化したアースユニットで彼の超人パワーを吸収するが、耐用上限の万パワー以上のパワーがなだれ込んだことによりアースユニットごと腕が自壊してしまった。 結局、あくまで査定に拘った姿勢が災いし、怒り狂ったバッファローマンのハリケーンミキサーからの超人十字架落としのラッシュを食らいリングに沈む。. 当初はブランクもあり十全の力を発揮できなかったシルバーマンを追い詰めるも、シルバーマンが戦いの感覚を取り戻してからは次第に押され始める。 そんなシルバーマンに対し対抗するべく、マグネット・パワーを利用した多様な技や策で追い詰めんとするサイコマンであったが、 彼の策や技の悉くがシルバーマンに攻略されていく。.

その 胡散臭い 言動や 衣装 から 読者 からは「いつか 閻魔 すら裏切るんじゃないか」「全ての 黒幕 はサイコマンでは」という予想が多かった中、まさかまさかの 仲間 思いの高潔な 超 人であったことが最後の最後で判明し、その最期は多くの 読者 の心を打った。.

Jr .

株式会社SpiceSeed

キン肉マン キン肉マンII世 キン肉マンII世〜オール超人大進撃〜 闘将!! 名前空間 ページ ノート. 無量大数軍の第二陣として鳥取砂丘の迷宮の四階のリングに陣取る。 その際に手持ちのスイッチでオーロラビジョンを弄って正義超人たちに状況を説明したり、移動する際に 「観客席はたっぷり用意してありますよー!」 と観客に呼びかけていた。親切。.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -サイコマン キン肉 マン

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      17.12.2020 06:24 Madoka:
      太古の時代、力などの強弱・優劣が原因で醜い争いを繰り返していた超人たちを神々が絶滅の光「カピラリア七光線」で粛清しようとした際、ある神( ザ・マン 、後の 超人閻魔 )がその座と引き換えに生き残りを許した10名の 完璧超人始祖 (パーフェクトオリジン)を起源とする由緒正しき超人属性。そのため神に認められた超人を祖とする自分たち以外の超人を「下等超人」と呼び見下すなど選民意識が高い。また「種に交われば種にあらず」という格言を持ち、他の属性と関わろうとせず種としての誇りを重んじる。本拠地は聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)の異名を持つ 超人墓場 。当初は ネプチューン・キング が完璧超人首領とされていたが、「完璧超人始祖編」にてネプチューン・キングは大幹部の1人ではあるが先遣部隊に過ぎないとされ、完璧超人の本隊を名乗る真の完璧超人(リアル・パーフェクトちょうじん)により構成される 完璧・無量大数軍 (パーフェクト・ラージナンバーズ)が登場する。.

      12.12.2020 12:33 Shiori:
      その後は モニター 越しに ガンマン と幾度となく口論を繰り広げ、 ジャスティスマン に対しては裏切りを見越して警告していた。その後、姿を消して いたスト ロング ・ザ・ 武道 やネメシスが 国立競技場 に出現すると、生き残った始祖たちと共に移動。ここでも憎まれ口を続けるサイコマンに対し、憤慨した ザ・ニンジャ が攻撃を仕掛けてくるも、これを軽く一蹴してしまう。.

    ????

    ???